安眠インストラクターの過去問と独学できるテキストは?

安眠インストラクターの過去問と独学できるテキストは


スポンサーリンク

睡眠・安眠の知識を認定する資格「安眠インストラクター」の過去問と独学、テキストについてご紹介します。

結論を申し上げますと、テキストと過去問は手に入らないので独学は非効率です。

短期間で安眠インストラクターを取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニング通信講座をおすすめします。

安眠インストラクターとは?
安眠インストラクターとは、安らかにぐっすり眠るサポートを行い、快適な眠りを教えるインストラクターです。
疾病、ストレスや不安などの心理的要因、騒音などの環境的要因など、安眠を妨げるものについての知識がある方に認定される資格です。
資格取得後は講師活動が行えるようになります。
引用:日本インストラクター技術協会

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
\挑戦するなら今しかない/

安眠インストラクターの過去問と独学できるテキストは?

安眠インストラクターを主催する日本インストラクター技術協会は、過去問とテキストを非公開としており手に入れることはできません。

過去問とテキストが手に入らない時点で、十分な試験対策を講じることはできなくなります。

書店で睡眠に関する参考書を購入しても、試験対策用として作られているわけではないので、まったく役に立たない可能性もあります。

何かわからないことがあっても、質問する相手がおらず取得までに時間がかかってしまう恐れがあります。

忙しい毎日の中で隙間時間を活用して短期間で取得するには諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングはW資格講座のため、最短1ヶ月で安眠インストラクターと快眠セラピストの2資格を同時に取得できます(※スペシャル講座)

快眠セラピストとは?
理想的な睡眠は私生活のコンディション・健康・美容にも繋がります。
快眠セラピストとは、睡眠の原理、現代社会における様々な睡眠障害を理解し、
その治療及び快適な睡眠への導入が可能である人へ与えられる資格です。
引用:日本メディカル心理セラピー協会
\挑戦するなら今しかない/

安眠インストラクター通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. オリジナルテキストで知識を身につける
  2. わからない部分はメールで質問する
  3. 練習問題を解く
  4. 添削課題を解いて提出する

諒設計アーキテクトラーニング通信講座はプロが監修したオリジナルテキスト、練習問題、添削課題を基に効率良く勉強できます。

テキストと問題は試験対策に特化した内容なので、テキストと過去問が手に入らない独学のメリットを解消できます。

わからないことがあっても、専属スタッフに逐一メールで質問できるので安心です。

諒設計アーキテクトラーニングには基本講座とスペシャル講座のどちらかを選択できます。

基本講座は添削課題を提出後、資格試験を受験します。

一方、スペシャル講座は資格取得が保証されているため、資格試験の受験が免除され卒業試験の提出を終えると安眠インストラクターと快眠セラピストを取得できます。

確実に1度で取得したい方はスペシャル講座をおすすめします。

安眠インストラクター通信講座の口コミ

口コミ
睡眠時間は長い方でしたが、なぜかいつも疲れていました。何時間寝たかばかり気にしていましたが、質が大事なんですね、寝具、飲食物など、徹底的に講座の通り気をつけるようにしたら、短時間でもスッキリするようになりました。
口コミ
自分自身、昔から睡眠に悩まされていたので、資格を取得してみようと思いました。講座を受けて、自分でも実践していたのですが本当に効果あるんです。順調に資格も取得でき、いろいろなところで役立てれたらいいなと思っています。
口コミ
睡眠は健康に大きく影響するとされているため、それをいち早く効率的に学びたいと思い受講することにしました。1日30分で受講できるため、とても効率よく勉強できました!
口コミ
睡眠って夜寝てる時だけじゃなくて、お昼寝や働いてる人たちの本のちょっとの睡眠も入ります。睡眠の質を向上することで一日が元気に過ごせるって大切です。睡眠資格取得講座でしっかり学んで疲れ知らずの毎日を過ごしたいです。


スポンサーリンク