アーユルヴェーダアドバイザーの過去問・テキストは?難易度は高い?

アーユルヴェーダアドバイザーの過去問・テキストは?難易度は高い


スポンサーリンク

アーユルヴェーダの知識や技能、生活に取り入れるアドバイス力を認定する資格「アーユルヴェーダアドバイザー」の過去問・テキスト、難易度についてご紹介します。

結論から申し上げますと、過去問・テキストは手に入らないため、諒設計アーキテクトラーニング通信講座を受講して効率良く勉強することをおすすめします。

アーユルヴェーダアドバイザーとは?
アーユルヴェーダアドバイザーとは、アーユルヴェーダの知識・技能を有し、かつ生活に取り入れるためのアドバイスを行うことができる方に認定される資格です。
アーユルヴェーダの歴史はもちろん、ピッタ・カパ・ヴァータの基本のドーシャそれぞれの特徴や傾向、ドーシャに合わせた食べ物や生活習慣、ボディケアの方法を理解・判断し、かつ適切なケア方法や実際に生活に取り入れるための方法など、総合的にアドバイスを行います。資格取得後は、リラクゼーション関係の仕事はもちろん、講師やアーユルヴェーダのアドバイザーとしても活動できます。
引用:日本占い師協会

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

アーユルヴェーダアドバイザーの過去問・テキストは?難易度は高い?

アーユルヴェーダアドバイザーの合格率は未発表のため、詳細な数値を出すことはできませんが、合格基準が70%以上の評価と難易度はそこまで高くありません。

ただし、アーユルヴェーダアドバイザーを主催する日本占い師協会は、過去問とテキストを非公開としているため、独学での取得は一筋縄ではいかないでしょう。

過去問とテキストがない時点でまともな独学はできませんし、市販で適当な入門書を購入しても試験対策用として作られていないので効率の良い勉強は不可能でしょう。

忙しい毎日の中で隙間時間を活用して短期間で取得したい方は、独学のデメリットを解消してくれる諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングはW資格講座のため、最短1ヶ月でアーユルヴェーダアドバイザーとアーユルヴェーダセラピストの2資格を取得できます。

アーユルヴェーダセラピストとは?
アーユルヴェーダセラピストとは、アーユルヴェーダを用いたリラクゼーション、健康、美容などの知識を有していることを証明する資格です。
アーユルヴェーダの歴史から、ドーシャの判断方法、各ドーシャの特徴や特性、食事、入浴、生活習慣、アーユルヴェーダを用いたボディケア、トリートメントオイルの作り方、オイルトリートメント、食べ合わせやお酒の飲み方など、アーユルヴェーダを用いた生活を行ううえで必要な知識を有していることが必要となります。リラクゼーション関係、健康的で美的な生活を目指す方にも人気の資格です。
引用:日本メディカル心理セラピー協会
\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

アーユルヴェーダアドバイザー通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. オリジナルテキストで知識をつける
  2. わからない部分はメールで質問する
  3. 練習問題を解く
  4. 添削課題を解いて提出する

諒設計アーキテクトラーニング通信講座は、プロ監修のオリジナルテキスト、練習問題、添削課題を基に効率良く勉強できます。

独学とは違い、わからないことは専属スタッフに逐一メールで質問できることも大きな強みです。

諒設計アーキテクトラーニングは基本講座とスペシャル講座の2コースから選択できます。

基本講座は添削課題提出後に資格試験を受験します。

一方、スペシャル講座は資格取得が保証されており、資格試験の受験が免除され卒業試験を提出すると、アーユルヴェーダアドバイザーとアーユルヴェーダセラピストを取得できます。

絶対に1度で取得したいという方はスペシャル講座をおすすめします。

アーユルヴェーダアドバイザー通信講座の口コミ

口コミ
今ヨガインストラクターとして働いていますが、作られたレッスンのみ提供しています。アーユルヴェーダを元にオリジナルレッスンを作る!と意気込んで勉強中です。また、+αでアーユルヴェーダセラピストとしても活動して行きたいです。
口コミ
アーユルヴェーダ資格取得しました


スポンサーリンク