日本茶セレクターの過去問・テキスト・難易度は?

日本茶セレクターの過去問・テキスト・難易度は


スポンサーリンク

日本茶の基礎的な知識を認定する資格「日本茶セレクター」の過去問・テキスト・難易度についてご紹介します。

残念ながら日本茶セレクターは過去問とテキストを非公開としており、非効率な独学はおすすめしません。

短期間で取得したい方は諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

日本茶セレクターとは?
日本茶セレクターとして、日本茶の基礎的な知識を有していることを認定されます。
例えば、日本茶の歴史、日本茶の茶葉の知識、日本茶の栽培や収穫方法、茶摘みの時期と一番茶(新茶)や二番茶などの種類、例えば、走り新茶・初摘み新茶・八十八夜新茶などの知識を有していることが証明されます。また、日本茶の製法や日本茶の値段の相場・良質なお茶の見分け方、お茶の値段を決める基準、良いお茶を見分けるためのコツ、日本茶の淹れ方の基本・注意点、日本茶を淹れるのに適した水質や蒸らす時間といった知識を有していることも証明されます。
資格取得後は、日本茶セレクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
引用:日本安全食料料理協会

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

日本茶セレクターの過去問・テキスト・難易度は?

日本茶セレクターを主催する日本安全食料料理協会は過去問・テキストを公開していません。

合格基準が70%以上の評価ということで難易度は高くありませんが、過去問とテキストなしでは効率の良い独学は難しいでしょう。

日本茶に関する書籍を購入して独学することもできますが、試験対策用として作られていないため、出題範囲から外れた知識を身につけてしまう可能性もあります。

忙しい毎日の中で隙間時間を活用して短期間で日本茶セレクターを取得したい方は諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングはW資格講座なので、日本茶セレクターと緑茶インストラクターの2資格を同時に取得できます(※スペシャル講座の場合)

緑茶インストラクターとは?
緑茶インストラクターとして、茶葉別の美味しい入れ方、茶器の種類、チャノキの知識、各地の有名なお茶の知識、日本茶の普及・発展に貢献した偉人の知識、茶道具の種類・知識、茶葉の保管方法の知識、日本茶を使った料理レシピの知識を有していることを認定されます。
茶道具は、「茶碗、茶釜、火起こし、柄杓、盆、水指、水注、茶筅、茶巾、茶入」といった道具の特徴や歴史の知識を有していることが証明されます。日本茶の料理レシピで「茶葉の天ぷら」、「茶葉のおひたし」、「茶葉の佃煮」、「茶飯」など、日本茶の茶葉を利用した料理の知識も有していることが証明されます。
資格取得後は、緑茶インストラクターとして活躍でき、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
引用:日本インストラクター技術協会

日本茶セレクター通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. プロ監修テキストで知識を身につける
  2. わからない部分はメールで質問する
  3. 練習問題を解く
  4. 添削課題を解いて提出する

諒設計アーキテクトラーニング通信講座はプロ監修のオリジナルテキスト、練習問題、添削課題を基に効率良く勉強できます。

わからないことがあっても専属スタッフにいつでもメールで質問できるため、独学のように1人で悩み続ける必要もありません。

諒設計アーキテクトラーニングは基本講座とスペシャル講座のどちらかを選択できます。

基本講座は添削課題の提出を終えると資格試験本番に挑戦しますが、資格保証のスペシャル講座は資格試験が免除され卒業試験の提出を終えると日本茶セレクターと緑茶インストラクターを取得できます。

\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

日本茶セレクター通信講座の口コミ

口コミ
日本人として、お茶の作法くらいしっかりできたらいいなと思い受講しました。最初はすごくとっつきにくい分野だなと感じていたのですが、まさかこんなに簡単にできるとは思ってもいませんでした。
口コミ
茶葉の種類や美味しい淹れ方など役に立つ情報ばかりでした。テキストもとてもわかりやすく、日本茶の使ったレシピまで習得できてこれからの生活にも役立てられそうです。
口コミ
日本茶を趣味にしたいという思いから、講座を受講しました。とても短い時間で受講することができるので、空き時間とかに楽しみながらできました。私の周りの人にお茶を振舞っていこうと思います。
口コミ
日本の気候では紅茶や烏龍茶の栽培がとても難しいそうです。ですが日本茶にはとても適した風土で、美味しい緑茶が栽培できます。私は日本茶の資格を取って、煎茶、玉露、抹茶、玉緑茶などの美味しいお茶を知り、楽しんでいます。


スポンサーリンク