漢方コーディネーターの独学での難易度は?過去問はあるの?

漢方コーディネーターの独学での難易度は?過去問はあるの


スポンサーリンク

漢方に関する幅広い知識や漢方の診断などの知識を有する資格「漢方コーディネーター」の独学、難易度、過去問についてご紹介します。

結論からお伝えすると、独学での難易度は高くないものの過去問は非公開なため、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

漢方コーディネーターとは
漢方・漢方薬に対する基本的な知識、漢方独自の診断方法や養生などへの理解が一定以上あると認められた人に対して認定される資格です。
試験では漢方の基礎知識、気・血・水、養生と四季、漢方の歴史、五臓六腑、漢方薬の特徴、漢方の思想、漢方の診断方法、漢方薬の使い方などが問われます。
引用:日本安全食料料理協会

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
\挑戦するなら今しかない/

漢方コーディネーターの独学での難易度は?過去問はあるの?

漢方コーディネーターは合格率は公開されてないため厳密な数値はわかりませんが、合格基準が70%以上の評価ということで難易度自体は高くありません。

ですが、漢方コーディネーターを主催している日本安全食料料理協会では、試験対策用の過去問は非公開となっています。(テキストも非公開)

独学で取得を目指す場合、書店で適切な入門書を購入したりインターネットを活用して情報収集をすることになり取得までに時間がかかってしまう可能性があります。

他にも独学にはデメリットが複数あります。

独学のデメリット
  • 入門書やネットの情報は試験対策に特化していない
  • 出題内容がわからない
  • 悩んだところは自分で解決しなければならない
  • 試験で出題される内容とズレた知識を身につけてしまう

忙しい毎日の中で資格取得を目指す方にとってはとても非効率で貴重な時間を有効活用できません。

しっかりと勉強したい方や最短1ヶ月で効率良く取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

漢方コーディネーター通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. プロ監修のオリジナルテキストを使って学ぶ
  2. わからない部分はメールで質問する
  3. 練習問題を解く
  4. 計5回の添削課題を解き提出する

通信講座ではプロが監修したオリジナルテキストと練習問題、添削課題を使用するため効率良く学ぶことができます。

過去問やテキストは独学では入手できないため嬉しいポイントです。

いつでも専属スタッフに質問できるので、1人で悩んで手を止める必要はありません。

諒設計アーキテクトラーニング通信講座は、基本講座とスペシャル講座が用意されていて選択して受講することができます。

基本講座では添削課題を提出して最後に試験本番にチャレンジしますが、スペシャル講座は資格取得が保証されているので資格試験が免除となります

なので、スペシャル講座を受講すれば卒業課題を提出することで最短1ヶ月で資格が取得できます

「確実に資格を取得したい」という方にはスペシャル講座をおすすめします。

また、諒設計アーキテクトラーニングではW資格講座のため、1度の講座で漢方コーディネーターと薬膳調整師の2資格が取得できることもメリットです。

薬膳調整師とは
薬膳の基礎知識、薬膳に対する一定以上の理解、漢方的な観点から見た各種食材の効能などの知識を有する人に対し与えられる資格です。
試験では薬膳の基礎知識、食療と薬膳、五味、帰経、食養生、食材の性質、食材と効能などが問われます。
引用:日本安全食料料理協会
\挑戦するなら今しかない/

漢方コーディネーター通信講座の口コミ

口コミ
漢方・薬膳と言うと身体に良いけどおいしくない、苦いイメージ。
食事にするにも取り入れ方が分からない、馴染みがないから。資格取得後の今はそんなもったいない状況にいる、健康になりたい人々のお役に立ちたいと強く思っています。
口コミ
薬が元々嫌いで、何かあれば漢方で治す方でした。
その漢方について少しでも知識があれば健康にもいいかと思いました。学んでいくと漢方の知らない部分の良さも知ることができ、実際に漢方選びにも役立ちました。
口コミ
漢方薬膳は難しいイメージがありましたが、この講座は漢方の基礎からスタートしたのでとてもわかりやすかったです。
漢方コーディネーターの資格も取得したので、いつか自宅で漢方薬膳の教室を開きたいと思っています。
口コミ
自分のことは我慢できるけれど、娘がアレルギーでつらい思いをするのがかわいそうで、食事から改善しようと思いました。
通信講座だと子育ての最中でも、時間のやりくりをして勉強することができ取り組みやすかったです。
漢方の考え方や自分の体質を知ることができ、レシピも習得できたので、とても良かったです。


スポンサーリンク