空間ディスプレイデザイナーの過去問と参考書は?難易度は高い?

空間ディスプレイデザイナーの過去問と参考書は?難易度は高い


スポンサーリンク

空間演出の知識を認定する資格「空間ディスプレイデザイナー」の過去問、参考書、難易度についてご紹介します。

結論から申し上げますと、過去問と主催協会が指定する参考書は公開されていません。

短期間で効率良く空間ディスプレイデザイナーを取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

空間ディスプレイデザイナーとは?
空間ディスプレイデザインには、陳列の知識・技術から色彩演出、照明技術など様々な技能が必要とされます。空間ディスプレイデザイナーとしての知識・技術レベルの社会的な証明を目的とする認定試験です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
引用:日本デザインプランナー協会
試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

空間ディスプレイデザイナーの過去問と参考書は?難易度は高い?

空間ディスプレイデザイナーの合格基準は70%以上の評価ということで、難易度は高くないものの独学での取得はやや苦戦することが予想されます。

主催する日本デザインプランナー協会は、過去問を非公開としており、参考書も指定していません。

過去問も試験対策用のテキストも手に入らないため、効率の良い独学は難しいでしょう。

空間ディスプレイに関する市販の入門書を購入して独学することもできますが、試験対策用として作られた物ではないので出題範囲を網羅した勉強は難しく非効率。

毎日の隙間時間を活用して効率良く空間ディスプレイデザイナーを取得したい方は諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングはW資格講座なので、空間ディスプレイデザイナー1級と空間ディスプレイデザイナー2級を同時に取得できます(※スペシャル講座の場合)

\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

空間ディスプレイデザイナー通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. 試験対策に特化したプロ監修テキストで知識を身につける
  2. わからない部分はメールで質問する
  3. 練習問題を解く
  4. 添削課題を解いて提出する

諒設計アーキテクトラーニング通信講座は、プロが監修したオリジナルテキスト、練習問題、添削課題を基に効率良く勉強できます。

わからないことがあっても、専門スタッフにいつでもメールで質問できる点も独学にはない強みです。

諒設計アーキテクトラーニングは基本講座とスペシャル講座のどちらかのコースを選択できます。

基本講座は添削課題の提出を終えると資格試験を受験します。

一方、資格取得が保証されているスペシャル講座は受験を免除され、卒業試験の提出を終えると空間ディスプレイデザイナー1級と空間ディスプレイデザイナー2級を取得できます。

確実に1度で取得したい方はスペシャル講座をおすすめします。

空間ディスプレイデザイナー通信講座の口コミ

口コミ
この講座では、空間の定義からその有効な活用法をたくさんの具体的な事例をもって勉強することができました。確かなイメージを持つことができたので、早速日常生活から使っていきたいと思います。
口コミ
一般向けと、開業する人向けの2つのセミナーを開催したいと、明確な目的を持ってから申し込んだため、受講中は迷うこと無く勉強に打ち込めました。人に教えるには資格があれば、信頼感と説得力が増して有利となると考え、スペシャル講座を選びました。在宅で勉強できるため自宅にある物を自由に触りながら学べるので効率よく進めることが出来たと思います。
口コミ
専業主婦で何のスキルもない私ですが広い自宅をおしゃれにしたくて、自宅で勉強をしたのですが来客からは思いも寄らず好評で自信がつきました。今後はパートを探して就職し自分を試してみたいと思っています。
口コミ
インテリア関係のものを見るのがとても好きです。将来子育てが落ち着いたら住宅関係の仕事に就きたくて資格を取りたいと思っていました。この講座は一般の家のみならず、空間を魅力的に作りあげることを勉強できるので潰しが効きそうな資格でいいですね。


スポンサーリンク