食育健康アドバイザーの難易度は?テキストで独学できる?

食育健康アドバイザーの難易度は?テキストで独学できる


スポンサーリンク

食育の基本知識を認定する資格「食育健康アドバイザー」の難易度・テキスト・独学についてご紹介します。

食育健康アドバイザーの難易度は高くないものの、主催する協会はテキストを公開していないため、独学は効率が悪いと言えます。

短期間で取得したい方は諒設計アーキテクトラーニング通信講座をおすすめします。

食育健康アドバイザーとは?
食育健康アドバイザーとして、食育の基本的な知識を有していることを認定されます。
例えば、食育基本法、諸外国の食育に対する取り組み、食育と生活習慣病との関連性に関する知識を有していることが証明されます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
引用:日本安全食料料理協会

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
\挑戦するなら今しかない/

食育健康アドバイザーの難易度は?テキストで独学できる?

食育健康アドバイザーの合格率は非公開とされていますが、合格基準は70%以上の評価とそこまで難しい試験ではないことがわかります。

ただし、主催する日本安全食料料理協会はテキストと過去問を公開していないため、効率の悪い独学はおすすめできません。

テキストと過去問なしでは勉強スケジュールを組み立てることが難しく、食育に関する書籍を購入しても試験対策として作られた内容ではないため、実際の試験に役立つかは不透明です。

なにかわからない内容があっても質問できる相手がいないので、取得までに多くの時間を要する可能性もあります。

毎日短い時間を活用して短期間で取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニング通信講座なら最短1ヶ月で食育健康アドバイザーを取得できます。

食育健康アドバイザー通信講座の流れは?

通信講座の流れ
  1. オリジナルテキストで学習する
  2. テキストを読んでわからないことはメールで質問する
  3. 練習問題を解いて知識を深める
  4. 添削課題を解いて提出する

通信講座ではプロが監修したオリジナルテキスト、練習問題、添削課題を基に効率の良い勉強ができます。

わからないことがあっても専属スタッフにいつでもメールで質問できるので、独学とは違い1人で悩み続ける心配もありません。

諒設計アーキテクトラーニングは主催協会に認定を受けたスクールなので、資格試験の受験をパスすることも可能です。

資格保証型のコースである「スペシャル講座」を受講すると、受験が免除され卒業試験の提出を終えると食育健康アドバイザーが取得できます。

必ず1度で取得したい方や、仕事の関係で不合格を避けたい方におすすめします。

また、諒設計アーキテクトラーニングはW資格講座のため、1つの講座で食育健康アドバイザーと管理健康栄養インストラクターの2資格を取得できることも魅力です。

管理健康栄養インストラクターとは?
管理健康栄養インストラクターとして、ビタミンなどの栄養素に関する知識や、腸内細菌が身体に及ぼす働きなどの知識を有していることを認定されます。各栄養素を含む食材への知識、食品表示の見方など、食品に関する理解度を証明する資格です。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができます。
引用:日本インストラクター技術協会
\挑戦するなら今しかない/

食育健康アドバイザー通信講座の口コミ

口コミ
子供が成長期でよく食べます。今の時期が大切です。講座では豊富な情報量からわかりやすく丁寧に学ぶことが出来るので、自宅でも活かせる内容でした。今では子供を食からも教育しています。
口コミ
毎日の食事の大切に気づきました。料理をすることは好きなほうでしたが、栄養面までちゃんと管理できているかといわれると・・・といった感じでした。子供の成長に合わせた食事を作ってあげたくて、基礎から学べるこちらでを受講しました。
口コミ
食事による栄養によって精神の安定にも影響すると知って、子供のためには食育が重要だと考え受講しました。栄養が足りないだけでなく、過剰による身体への影響なども学べ、毎日の食事作りに生かしています。
口コミ
正しい食の知識を身に付けて、健康な生活を送るためにこの資格を取得しました。講座では、食育の重要性や、気を付けなければならないポイント、食育に適した料理などたくさんのためになることを勉強することができました。


スポンサーリンク