タロットカード士の過去問はある?独学でも取得できる?

タロットカード士の過去問はある?独学でも取得できる


スポンサーリンク

タロットカードを読み解ける人を認定する資格「タロットカード士」の過去問、独学についてご紹介します。

残念ながら過去問は公開されていないため、独学は非効率でおすすめできません。

短期間で取得したい方は諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

タロットカード士とは?
タロットカード占いはわざわざ自分でやらなくてもプロの方に見てもらうという方法もありますが、プロ占い師は職業であるため結果をオブラートに包むこともあります。その点、タロットを自分で使えるようになれば、無料で悩みに対して嘘偽りのない答えを得ることができます。また人に占ってもらうのではなく、自分で占うことによって、人に過剰に頼りすぎたり占い依存症になったりすることなく自分で人生の道標を得られるのです。これは長い人生においてとても心強い味方を得たということでもあります。そのようにタロットカード士は占い師に頼るのではなく自分自身で自分を占うことが出来るようになった方に贈られる資格です。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活動することができます。
引用:日本占い師協会

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

タロットカード士の過去問はある?独学でも取得できる?

タロットカード士を主催する日本占い師協会は過去問・テキスト・合格率をすべて非公開としています。

合格基準は70%以上の評価ということで、難易度はそれほど高くありません。

ただし、タロットカードに関する入門書を購入して独学しようと考えている方は、1度諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をご検討ください。

入門書は資格試験対策用に作られた内容ではないため、出題範囲を網羅した勉強ができませんし、わからないことがあっても質問できる相手がいません。

取得までに時間がかかってしまう可能性があるため、短期間で取得したい方は諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

通信講座なら最短1ヶ月でタロットカード士を取得できますし、W資格講座なのでタロットカード士とスピリチュアルタロット士の2資格を同時に取得できることも魅力です。

タロットカード士通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. プロ監修オリジナルテキストで知識を身につける
  2. テキストでわからないことはメールで質問する
  3. 練習問題を解いて理解度を確認する
  4. 添削課題を解いて提出する

通信講座ではプロが監修したオリジナルテキスト、練習問題、添削課題を基に効率良く勉強できます。

わからないことはいつでも専属スタッフにメールで質問できるため、独学のように1人で悩む心配もありません。

諒設計アーキテクトラーニングは基本講座とスペシャル講座という2つのコースから選択できます。

基本講座は添削課題の提出完了後、資格試験を受験するのに対し、スペシャル講座は資格取得が保証されているため、受験が免除され卒業試験の提出を終えると、タロットカード士とスピリチュアルタロット士を取得できます。

1度で必ず取得したい方はスペシャル講座の受講をおすすめします。

\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

タロットカード士通信講座の口コミ

口コミ
占いの中の占い、それがタロットカード占いだと思います。歴史も古く、とても神秘的で憧れですが、資格があるなんて知りませんでした。この講座で資格を取得してから、自分自信も神秘的になった気がして、講座を受けてよかったなと思います。
口コミ
初心者の私でも、タロットの知識を分かりやすく学習することができて安心でした。取得後の今は、地域のカルチャースクールで週に1回の教室を持って活動しています。老後の生きがいになりました。
口コミ
社会人として実務に役立つ基本的なことから応用編まで幅広く学ばせていただいております。出産後、資格がほしかったものの、育児に追われ、自分時間を作るのが難しく、悩んでいた時にこの教材を知り、自宅で効率よく勉強できて助かりました。2ヶ月、育児の合間に学習して、無事、合格することができました。
口コミ
1度やってもらったタロットカード占いが忘れられず、自分でもやってみようと思い、資格を取得しました。スタートキットもついているので、すぐ始められて良かったです。


スポンサーリンク