紅茶アドバイザーは過去問とテキストで独学できる?

紅茶アドバイザーは過去問とテキストで独学できる


スポンサーリンク

紅茶に関する幅広い知識を有し講師活動が行える資格「紅茶アドバイザー」の過去問、テキスト、独学についてご紹介します。

はじめに結論をお伝えすると、過去問とテキストは入手することができないので独学は効率が悪いです。

短期間で効率良く紅茶アドバイザーを取得したい方は、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

紅茶アドバイザーとは
紅茶アドバイザー認定試験は、茶葉の知識から、カップ&ソーサー、美味しい紅茶の淹れ方、オリジナルブレンドまで、紅茶についての基礎知識を有していることを認定する試験です。
資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。
引用:日本安全食料料理協会

試験概要
受験資格なし
受験料10,000円(税込)
試験日程年6回(偶数月中旬)
受験方法在宅
合格基準70%以上の評価
合否発表試験から約1ヶ月〜2ヶ月後
\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

紅茶アドバイザーは過去問とテキストで独学できる?

紅茶アドバイザーを主催する日本安全食料料理協会は、過去問とテキストを公開していないため入手することができません。

過去問もテキストもないとなると、独学では試験対策をすることが困難になります。

ネットを使って紅茶に関する情報を集めたり入門書などの書籍を購入しても、試験対策用に作られたものではないので出題範囲とは異なる知識を身につけてしまう可能性があります。

また、わからないことがあっても1人で解決しなければなりません。

貴重な隙間時間を使って短期間で取得するには、諒設計アーキテクトラーニング通信講座の受講をおすすめします。

諒設計アーキテクトラーニングは最短1ヶ月で紅茶アドバイザーが取得できる上に、W資格講座なので紅茶マイスターも同時に取得できます。(※スペシャル講座の場合)

紅茶マイスターとは
紅茶マイスターは、自身が紅茶のオーナーになる上で、オーナーの知識とそれを実務で活かせる技術を身につけたとされる人へ認定される資格です。
紅茶オーナーを目指す方、飲食関連会社で働いている方などに人気の資格です。
引用:日本安全食料料理協会
\挑戦するなら今しかない/
試験免除で2資格取得

紅茶アドバイザー通信講座の流れ

通信講座の流れ
  1. オリジナルテキストで知識を学ぶ
  2. わからない部分はメールで質問する
  3. 練習問題で理解を深める
  4. 添削課題を提出する
  5. 資格試験にチャレンジする

諒設計アーキテクトラーニング通信講座は、プロ監修のオリジナルテキストに加えて練習問題・添削課題を使用し正しい知識を効率よく学ぶことができます。

テキストを進めていくうちにわからない部分があれば、いつでも専属スタッフに質問でき独学での悩みを解消してくれるので1人で悩む必要がありません。

諒設計アーキテクトラーニングの基本講座は添削課題の提出を終えたら資格試験に挑戦します。

また、基本講座とは異なるスペシャル講座では、資格保証があるので資格試験が免除されて卒業試験の提出を終えると紅茶アドバイザーと紅茶マイスターを取得できます。

1度で確実に取得したい方におすすめです。

紅茶アドバイザー通信講座の口コミ

口コミ
私は紅茶が好きなので、この講座を受講しましたが、紅茶は健康にもよいと知りました。
紅茶が好きな方は学んで健康の知識も身に付ければ一石二鳥になると思います!
口コミ
主婦の休息としていつも紅茶を飲んでいます(笑)その一息をもう少し贅沢に本格的にしてみたくて受講しました。
講座のおかげで家でもお店で飲んでいるような紅茶を作ることができました!
口コミ
せっかく日本に生まれたのだから、美味しい紅茶を毎日飲みたいと思いませんか?。
紅茶には軟水が適しています、日本は軟水の宝庫。美味しい水は簡単に手に入ります。
あとは紅茶を美味しく入れる技術と吟味できるほどの知識があるだけ。
私は講座を受けて毎日美味しい紅茶を楽しんでいます。
口コミ
紅茶にはダージリンやアッサムティー、フレーバーティーやセイロンティーなど、
ところ変われば紅茶も変わるほどに、たくさんの種類があり、それぞれの茶葉のを最高の状態で味わうための繊細な技法を習得する必要があります。
その技術を使い自分で紅茶を楽しんだり、大切な友人に振る舞ったり、そんなことを考えながら抗紅茶資格習得講座を受講しました。
茶器のほう温や茶葉ごとの適正な温度管理など様々な勉強をし、また、生活に潤いを与えてくれる知識がえられ大変良かったと思っています。


スポンサーリンク